ハイハット用スタンド YAMAHA HS-1200T

新機能を採用し、セッティングの容易さ、操作性の向上を図ったニューモデルです。

軽快なペダルワークを可能にするトグルリンク機構を採用。踏み込み始めが非常に軽く、踏み込み量が増すに連れて通常の重さに近づきます。
またペダルから足を離した瞬間の本体への衝撃がほとんど無く、静粛性にも優れています。

大型ダイヤルで容易にスプリングテンション(トップハイハットの開き方向の引張り強さ)の調整を行うことが出来ます。
演奏中の緩み止め機能も搭載。
テンションの強さはダイヤルの下部にあるインジケーターで確認することが出来、再現性を備えています。

また、多様な位置決めにも柔軟に対応するため、長さの違う2本のロッドを装備し、低いセッティングにも短いロッドを使用することで、演奏上の邪魔にならないよう考慮されています。

高さ調整幅:短ロッド使用時・・・740mm~900mm
長ロッド使用時・・・740mm~1,050mm
レッグ形状:2脚、回転脚設計。